予防効果のある食べ物について

 

 

背中にできるニキビの予防には、ビタミン類をしっかり摂取することが効果的といわれます。

 

 

たとえば、毛穴を詰まらせてニキビの原因となる皮脂の過剰分泌は、ビタミンB2の不足が原因の場合があります。

 
皮脂腺は体内の不要な脂肪を排出する器官でもあるので、脂質の摂り過ぎなどよって体内の脂肪分が増えてしまうと、余分な脂肪が皮脂として排出されてしまいます。

 
また、ビタミンB2は、体内の脂質をエネルギーに変える脂肪代謝に必要な栄養素なので、不足すると、十分に脂質が分解されずに、皮脂の分泌量も増えてしまいます。

 
つまり、皮脂の過剰な分泌を抑制するためには、毎日の食事でビタミンB2を積極的に摂る必要があるわけです。

 

 

一方、ニキビの原因となるアクネ菌は、毛穴で繁殖してポルフィリンという物質を生成しますが、この物質は、紫外線が当たると活性酸素を発生させる性質を持っています。

 
活性酸素は、毛穴の皮脂を酸化させて過酸化脂質という物質を生成します。
この物質は、皮膚に刺激を与えて炎症を引き起こし、ニキビを発生させるので、ニキビ予防にはまず活性酸素を減らす必要があるわけです。

 
ビタミンCは、体内で活性酸素に対抗する抗酸化物質として働くので、積極的に摂取することで背中にできるニキビに対する予防効果が期待できます。

 

 

以上のように、背中にできるニキビの予防には、ビタミン類を積極的に摂取することが効果的といえます。

 
なお、ビタミンB2はレバーや豚肉、チーズなどの食品に、肌の健康維持にも大切なビタミンCを含むビタミン類は緑黄色野菜や果物に多く含まれているので、これらを毎日の食事に積極的に取り入れることが大切です。