良質な睡眠を確保する

 

 

毎日の仕事や様々な事に煩わされ、緊張状態になるとうまく寝付けなくなります。良質な睡眠をとるには体も心もリラックスした状態になる事です。

 

そのためには寝る前のちょっとした準備をすることで確保することが出来ます。

 
入浴で身体の血行を良くし体温を上げておくことで寝つきが良くなります。

 

シャワーだけで済まさず湯船につかってしっかり温めることが大事です。

 

他にも生姜やトウガラシの入った食品の摂取、または飲み物を飲むのも良いでしょう。首元や目を温めるのも良いとされています。

 

寝るときに温熱シートやアイマスクを使用すると良いでしょう。

 
ウォーキングやストレッチなど、軽い運動することによって体温を上昇させ、その後急激に下がるタイミングで眠る方法も効果的です。

 

心地よい疲れは快眠をもたらしてくれます。

 
人間の体は太陽の光で目が覚め、暗くなると眠くなるようになっています。部屋を明るい状態にしておくと睡りを促すメラトニンと言うホルモンが抑制され、寝つきが悪くなってしまいます。寝る前の1時間前ぐらいには電気を消すことです。

 
眠る前にやってはいけないことがパソコンや携帯、ゲームなどをやらない事です。興奮状態になって寝つきが悪くなってしまいます。

 

そして覚せい作用のある、カフェインが入ったコーヒーやお茶も控えましょう。