ストレスやホルモンバランスの乱れに要注意

 

 

肌荒れや肌トラブルの原因として、様々な要因が考えられます。

 
汚れや皮脂をきちんと洗い流せていないということも勿論ありますが、きれいに洗っているのに肌トラブルが絶えないという場合は、ホルモンバランスの乱れが原因かもしれません。

 
にきびができるのは、毛穴に詰まった皮脂や汚れに雑菌が繁殖して炎症を起こすためですね。

 
一般的に皮脂分泌の多い人は、それだけ雑菌の餌が多いということになりますから、にきびもできやすいということになってしまいます。

 
そして、この皮脂の分泌にホルモンバランスが関わっているのです。

 
人には女性ホルモンと男性ホルモンが分泌されていますが、皮脂量を増やすのが男性ホルモンです。

 
そして、ストレスの多い生活をしていると、ホルモンのバランスが崩れて男性ホルモン過多になってしまうことが多いのです。

 
ですから、仕事やプライベートなどでイライラすることが多い方は、肌が荒れやすいので要注意だといえます。

 
イライラしないようにといわれても難しいかもしれませんが、肌にはとても悪いということは間違いありませんから、イライラはなるべく早く解消するようにしましょう。

 
それから、ホルモンバランスを整えるために、イソフラボンなどの植物性エストロゲンを摂取するのも効果的です。