乾燥ニキビの場合も

 

 

このニキビの場合は、主に肌の皮脂分泌が少なくなったせいで皮脂膜が作れなくなり、水分が蒸発してしまうせいで起こりやすくなります。

 
また、肌に元々備わっているバリア機能が弱ってしまい、ニキビの原因であるアクネ菌が繁殖しやすくなっているというのも一つの原因です。

 
背中は皮脂腺が多い場所ではありますが、普段の生活スタイルによっては乾燥してしまうこともあります。

 
例えば、お風呂で背中を洗うとき、見えないために洗いすぎてしまうケースです。

 
そうなると、取りすぎてしまった皮脂を補おうとして皮脂層が厚くなり、肌のターンオーバーがうまく立ち行かなくなってしまいます。

 
この結果、背中がニキビのできやすい肌になってしまうのです。

 
他にも、紫外線に当たりすぎてしまうのもニキビができる原因となってしまうので注意が必要です。

 
紫外線は肌の角質を硬くし、毛穴の通気性を悪くしてしまいます。

 
背中は元々顔などよりも角質層が厚く、皮脂のたまりやすいところなので、きちんとケアする必要があります。

 
そのために、背中の保湿も忘れずに行うことが有効な方法の1つと言えます。

 
背中の保湿は手が届かず難しいですが、家族などに協力してもらって背中に水分補給のための化粧水と乳液などを塗ってもらうとしっかり保湿できます。